高耐久性築堤マット工業会について

ごあいさつ


日頃、皆様には高耐久性築堤マット工業会に対しまして格別のご高配とご指導を賜り、心から御礼申し上げます。

当工業会はポリエチレンアイオノマー樹脂被覆鋼線(IR被覆鋼線)で製造する新しい築堤マットの早期普及を目的として平成17年4月に設立されました。
従来の築堤マットは不陸調整や捨石作業の効率化に欠かせない製品として機能的な評価は頂いておりましたが、耐久性が無いことから用途は限られておりました。
そこで我々は国土交通省より河口等の汽水域での使用を認められ、建設技術審査証明を取得しているかごマット被覆鉄線の技術をベースに、より厳しい海域での使用を想定した線材を開発しました。被覆厚はかごマット被覆鉄線の2倍、心線には鋼線を採用して引張強度も約2倍にすることで耐久性と強度を大きく引き上げたリーフマットを製品化しました。
特殊ポリエチレン被覆線材で製造される高耐久性築堤マット(リーフマット)は錆びない築堤マットとして高い耐久性を実現しており、様々な用途で採用されております。
また当工業会では線材の改良だけではなく、公的及び大学などの研究機関との共同研究によって代表的な設計係数を把握しており、製品機能の定量化にも努めております。

現在当工業会は8社の会員企業で構成されており、全国への供給だけではなく、災害時などの緊急需要にも対応可能な体制を整えております。
今後も当工業会は情報発信や各種研究を通じてリーフマットの普及に努めて参ります。
なにとぞ御指導御鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


平成29年7月3日
高耐久性築堤マット工業会 会長
  小岩金網株式会社 副社長 福井眞